たのしい保育士ライフを送るために役立つ情報

【絵本】100日後に死ぬワニ。Twitteで話題の4コマ漫画が絵本になった

「100日後に死ぬワニ」とは


2020年3月にネット上で話題となった『100日後に死ぬワニ』(ひゃくにちごにしぬワニ)は、きくちゆうきさんの4コマ漫画です。Twitte上で毎日1話を配信し、コマの枠外で「死まであと○日」と記載して主人公のワニくんが死ぬまでの100日間を4コマ漫画でカウントダウン形式で2019年12月12日から作者のTwitteアカウントで公開が開始されました。この作品はTwitte上で次第に話題となり、1投稿で多い時には30万を超える『いいね』も獲得するようになり、最終話の2020年3月20日には、『100日後に死ぬワニ』がTwitteのトレンドで世界1位になり、各メディアでもニュースになりました。

「100日後に死ぬワニ」お話しの概要

主人公は服を着用し人語(日本語)を話すオスのワニである。先輩のワニや親友のネズミと過ごし、第1話から100日後に死を迎えるワニの過ごす日常生活が描かれる。99日目までは4コマ目の下に死までの日数がカウントされ、1日1話更新されるたびに残り日数が減っていく。連載中の時期と連動しており、正月などの文化も作中に反映される。

本作品の結末について、きくちが自身のサイトに記載している友人の事故死との関係性があるのではないかと台湾のメディア・4Gamersなどから指摘されていたが、最終回の翌日(2020年3月21日)の生配信で実際に同作を描く切っ掛けの一つであったことを明かし、「何があるか分からない中で、限りある時間を大切にしてほしいとのメッセージを伝えたい」との思いだったと語っている。
ウィキペディア(Wikipedia)

「100日後に死ぬワニ」は、ここまで話題になったのか?

『100日後に死ぬワニ』が、なぜここまで読者の心を惹きつけたのか?それは、Twitterとの相性が良かった点ではないでしょうか。主人公のワニくんが「100日後に死ぬ」ということを前提として描かれているストーリーのため、読者は毎日更新されるワニの何気ない日常に、死生観を考えながら読んでいるうちに、どんどんと物語に引き込まれ、「今日のワニくんはどうなるのかな?」と気になる読者が多かったのではないでしょうか。

また、Twitterは読者の反響がリアルタイムでわかるメディアです。毎回配信されるツイートに対して感想をリプ欄に投稿する読者も多く、リツイートや引用リツイートをするツイートも多く見ました。多数の方がツイートすることで、Twitter内での認知度が高まっていきますし、最終回に近づくにつれ、その傾向は強くなり、100日目にはもっとも注目を集めて最終回を迎えられたのです。

「100日後に死ぬワニ」連載開始から100日目

100日後に死ぬワニ(出典:100日後に死ぬワニ公式ツイッター)

連載開始から100日目となる2020年3月20日には、ニコニコ生放送にて『「100日後に死ぬワニ」の最後をみんなで見守る放送』という配信が行われた。
同年4月8日、小学館よりゲッサン少年サンデーコミックスのレーベルで書籍化[25]。なお書籍の帯には『描き下ろし漫画28P収録』と銘打たれているが、実際はイラストも含めたページ数で漫画方式の描き下ろしは数ページに留まることが明らかとなった。これに対し優良誤認表示の可能性が弁護士より指摘されている。

同月13日、絵本作家あいはらひろゆきが代表取締役を務める「株式会社サニーサイド」が1日目から30日目までのうち13話を摘出し絵本化することを発表した。

ウィキペディア(Wikipedia)

「100日後に死ぬワニ」連載終了後に批判殺到でネット大炎上

『100日後に死ぬワニ』が最終回の100話目が終わったとき、ネット上で批判が殺到してTwitte上で大炎上が起きた。その理由は、物語が終わったその後に待ってましたとばかりに、単行本化や映画化、バンド「いきものがかり」とのコラボ、キャラクターグッズ発売やポップアップショップのオープンなど、最終回の直後に立て続けに発表されたからです。

これは、作品を愛していた読者からすると嫌悪感があり、「もともとメディア化させるために描いていたのか?」「これは電通案件だ」とTwitter上では不満の声が上がりました。

2020年4月8日 書籍発売

絵本では『100にちごにしぬワニ』

コミック版の「100日後に死ぬワニ」は、題名はそのままですが、絵本では「100にちごにしぬワニ」と漢字の部分がひらがなになっています。

この絵本は、累計発行部数220万部の大人気絵本シリーズ「くまのがっこう」(ブロンズ新社)やNHK-Eテレの人気アニメ「がんばれ! ルルロロ」、今大人気の赤ちゃん絵本「はっはっはくしょーん」(KADOKAWA)などの作者であるあいはらひろゆきが設立した出版社「サニーサイド」の記念すべき第1作目です。尚、この絵本の文はあいはらが担当している。
Amazon

絵本『100にちごにしぬワニ』は全3巻

絵本版『100にちごにしぬワニ』第1巻:2020年06月15日頃に、1日目~30日目までの13日間の絵本が発売されます。ただいま予約受付中!

『100にちごにしぬワニ』登録情報

大型本: 32ページ
出版社: サニーサイド; A5変型横版 (2020/6/19)
言語: 日本語
ISBN-10: 4910188002
ISBN-13: 978-4910188003
発売日: 2020/6/19


絵本版『100にちごにしぬワニ』第2巻:未定
絵本版『100にちごにしぬワニ』第3巻:未定

Twitter「100日後に死ぬワニ」公式アカウント

Twitter

「きくちゆうき」公式アカウント

Twitter

インスタグラム

この投稿をInstagramで見る

「100日後に死ぬワニ」 100日目

きくちゆうき(@yuukikikuchi)がシェアした投稿 –

【書籍コミック版】100日後に死ぬワニ

【グッツ】100日後に死ぬワニ

エコバッグ・タオル



缶バッチ

Tシャツ・トレーナー・パーカー





【絵本】100にちごにしぬワニのまとめ

Twitterで話題の「100日後に死ぬワニ」の魅力について解説しました。アニメ化や映画化などグッツなどこれからの展開から目が離せません。また絵本は子供たちが喜びそうで今から発売が楽しみです。保育園には欲しい絵本ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です