たのしい保育士ライフを送るために役立つ情報

【プロの保育士推奨】テッパンのおすすめ絵本100選【0歳~5歳児】

プロの保育士推奨するテッパンのおすすめ絵本100選

タップできるもくじ

絵本 ねないこだれだ

保育士が一押しする一冊です。
パパさんママさん達にとって、夜いつまでも子どもが寝ないと困りますよね。そんなときにはこの絵本です。「夜はお化けが来る時間」「こわ~いおばけに連れて行かれちゃう」と、子どもはすぐにお布団へ入って寝てしまうはず。ドキドキするけれどかわいい絵なので、子どもたちも怖がらずに楽しめます。


この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(4.5)

絵本 だるまさんが

保育士が必ず選び読む絵本です。だるまさんシリーズは、「だるまさんが」、「だるまさんの」、「だるまさんと」の3冊セットになった絵本が人気です。
「だ~る~ま~さ~ん~が♪」と誰もが知っている歌で、だるまさんがいろんな表情や動きで楽しませてくれます。子ども達も自然と体がだるまさんのように動きます。テンポのよい歌と動きに子どももあっという間に目を奪われ、だるまさんの絵がとても可愛く、子ども達が大好きな絵本です。我が子だけではなく、友人におすすめしたい絵本としても評価が高いです。



この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

絵本 おつきさまこんばんは

保育士が好きな絵本に選ぶ一冊
夜に読むと、何だか心が和む絵本。お休み前に読むのもおススメです。お月様の顔にほっこり和み、色んな表情があって、子ども達も真似っ子します。お月様が隠れてしまってハラハラ。また、にっこりでてくるとホッします。シンプルなストーリーですが、子どもの目が釘付けになります。


この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

絵本 いないいないばああそび

「いない いない ばあ」を楽しめ、一緒に遊びながら見る絵本です。慣れてくると子どもが手を出し、めくって楽しんでいます。最後のお母さんがブタのお面なのは、面白くて、大笑いで終わらいします。可愛いいイラストも、人気です。

この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

絵本 おててがでたよ

おてて、あたま、おかお、おめめ、おくち、あんよ、と体の部分ひとつひとつを認識するのにももってこいの絵本です。
子どもがすぽんと洋服を着せられるとき、ぱっと手がでることが不思議でならなかったり、なかなかだす場所がみつからなかったり。服に体をとおすときの感覚って、「発見」のかたまりです。
顔が「ばぁー」と出るうれしさや、じぶんで手足をだせるよろこびが伝わってきます。

この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(4.0)

絵本 じゃあじゃあ びりびり

絵本を読んであげたいけどどれを選んだら・・・と迷っている方におすすめです。
あかちゃんが、かじっても放り投げても安心の厚紙絵本です。小さめな絵本なので、手に持ちやすく、自分でめくりやすさもあります。この本のは、音の響きが面白く、擬音語がたくさん乗っています。赤ちゃんの初めての絵本は、音を楽しむものが定番ですね。
『ばいばい』『みんなでね』など、他の「あかちゃんのほんシリーズ」も子ども達から人気です。

この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

絵本 くっついた

あかちゃん絵本の定番として大人気の一冊です。
親子でのスキンシップが楽しめる絵本
くっつく場面を見るたびに幸せな気持ちになります。きっと、くっつく喜びをあかちゃんも家族もみんな知っているからなんですよね。
シンプで愛くて優しい響きの言葉と絵のくり返しのこの絵本。読むたびに、のんびりと優しい時間が流れ、自然とみんなの顔がニッコになります。


この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

絵本 もいもい

赤ちゃんの発育に、欠かせない“絵本”
赤ちゃんについて20年にわたって研究を続けている開一夫ひらき かずお教授率いる「東京大学 赤ちゃんラボ」の研究をもとに描かれた絵本『もいもい』。赤ちゃんの視線を釘付けにするイラストをふんだんに取り入れており、泣いている子も食い入るように見つめる……という効果がテレビ番組を中心に紹介され、話題となりました



この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

絵本 しましまぐるぐる

まだ視力のよくない生後6か月未満の赤ちゃんもしっかり注目するので
お子さんの「はじめての絵本」にぴったりです。
あかちゃんが注目する黒を中心に、強い配色にデザインしたベイビーブック。あかちゃんが生まれながらに反応する『顔』や、反応のいいとされる『しましま』と『ぐるぐる』がいっぱいのかわいくてきれいな絵本。

指でなぞって遊べる絵本。1歳〜2歳くらいの子ども達にもススメです。タイトルのとおり、しましまとぐるぐるがたくさん描かれています。いろいろな形の「しましましま」と「ぐるぐるぐる」が面白い一冊です。
赤ちゃんは、黒、白、赤などのコントラストの強い絵を見ることが知られています。
さらに、赤ちゃんは目と口のある「かお」に注目します。
そんな赤ちゃんの特性に合わせて生まれた「いっしょにあそぼ」シリーズ。



この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

絵本 つつつつつー

しましまぐるぐると同じく、指でなぞって遊ぶ絵本。つつつつーから始まり、ベチャ、テンテンテンなど、色々なリズムを楽しめます。うちの子は1歳半を過ぎると自分でなぞり始めました。子どもの手を持って一緒になぞってあげながら関わって見れます。

この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

絵本 あおいよるのゆめ

指で遊べる絵本。ページごとにある場所をスライドさせると、町のあかりが点灯したり、船が移動したり。立体でボタンをスライドするような感触があるので、子どもが夢中でいじって楽しんでいます。イタリアの本なだけあってデザインも素敵です。プレゼントにおすすめな一冊


この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

絵本 もこ もこもこ

0歳児の赤ちゃんから楽しめる絵本。保育士なら必ず読む、乳児向け絵本です。「もこ、もこもこ」のリズムでテンポよく動きを楽しめます。単純なストーリーに、可愛いイラストで、なぜか子どもたちが、ほっこり、笑顔になります。読み終わると、もう一回読んでとせがまれます。
声色やテンポを変えながら色んな読み聞かせのバリエーションで、さらに楽しめます。


この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

絵本 やさいのおなか

小さい頃にはなかなか気がつかない、野菜のお腹の中を大公開。ぱっくり切った野菜の形をみせて「これなんだ?」などのやりとりも楽しく学べます。小さい子だけでなく、4.5歳になっても食育の絵本として読んでいます。


この絵本の評価
子供の反応
(3.0)
読みやすさ
(3.0)
面白さ
(3.0)
絵の可愛らしさ
(3.0)
絵本の価格
(3.0)
総合評価
(3.0)

絵本 きんぎょがにげた

「きんぎょがにげた」はきんぎょが逃げ出したお話です。どこに逃げたのだろうか?かわいい金魚探しに夢中になる楽しい絵本です。子ども達はいち早く金魚を見つけ「あった」と嬉しそうな笑顔が絶えないですね。
また、きんぎょだけではなく、帽子や長靴、像などの絵がたくさんあるので、
「帽子はどこかな?」と話し掛けながら楽しめる内容になっています。



この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

絵本 くだもの

優しいタッチで、果物の質感を丁寧に表現され、絵画を見てるようです。良質な絵を子どもに見せてあげたい人にはおすすめです。食べるまねをして、「あーん、もぐもぐ、おいしいね」なんてやり取りもあり、子どもたちも身近な果物に「これ食べた!」と嬉しそうに教えてくれます。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(3.0)
絵の可愛らしさ
(3.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(3.5)

絵本 はらぺこあおむし

エリックカールと言えば、みんな大好きはらぺこあおむし。ちょうちょの成長が、明るいイラストと、テンポのよさで描かれています。読み込んでいくと、引き込まれていきます。子ども達からは、絶対大気人気の絵本です青虫が蝶々になって羽ばたく瞬間は子どもたちも大喜び!CDもあり、歌と一緒なら楽しさも倍増。親子でより楽しめます。






この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

絵本 できるかな?

こちらもエリックカールの絵本ですが、おススメはCDとのセット。簡単な体操ができる絵本です。できるかな?ゆっくりテンポで体操し、早いテンポでは走ったりしながら、子ども達は大はしゃぎします。強弱があるので、それも楽しく、大人も一緒に楽しめます。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.5)

絵本 ちいさなうさこちゃん

ミッフィーといえば、お馴染みディック・ブルーナの絵本。ビビットなカラーとデザインで子供たちもついつい目を奪われます。子供だけでなく大人もついついそろえてしまいたくなるデザイン性がマルです。



この絵本の評価
子供の反応
(3.5)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(3.5)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 まるくておいしいよ

0歳から読んでいる絵本です。次々と丸くて美味しい食べ物が登場する楽しく、食べ物の名前、それから繰り返し出てくる「まる」と言う形が覚えられる本。丸と言う形ひとつにしても色んな大きさがあって、見ていると楽しいです。0歳の赤ちゃんには、こういったシンプルで楽しい本が読みやすくて良いです。

この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(3.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 あがりめさがりめ

わらべうたが知れ、手遊びも楽しめます。
「あ~がりめ、さーがりめ、ぐるっとまわして~♪」と単純だけど、面白い。歌に合わせて、手を動かす、一緒に笑う絵本です。最後の音楽のあとにでてくるのは一体なに!?大人がみても、「これは子ども泣いちゃうよな」という感じのキャラクターがでてきてびっくり。怖いもの好きはよいかもです。

この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(4.5)
面白さ
(4.5)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.5)

絵本 まどからのおくりもの

クリスマスといえばこの絵本。クリスマスってなに?サンタさんって誰?プレゼントがもらえるの?小さい子供でも伝わるような短めの文章と絵がいい感じです。からくり?なぞなぞ?見るだけではなく、想像力も育ちます。


この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

絵本 うずらちゃんのかくれんぼ

「もーいーかい?」「まーだだよ」とかくれんぼのやり取りが学べます。うずらちゃんとひよこちゃんが、いろいろなところに隠れます。どこかな?と真剣に下がし、見つけると「いた!」と指をさし楽しく見られます。ストーリーの終盤では不安や安心の心の様子がうまく表現されています。これは名作です。


この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

絵本 ちいさなちいさなすてきなおうち

かわいらしいイラストとキャラクターが印象的な絵本。世界観や物語に出てくるそれぞれのキャラクターの家がとっても面白いです。お菓子のおうちや野菜のおうち、ページをめくるたびに出てくる家の断面図がとっても楽しい!まさに夢のおうちです。

この絵本の評価
子供の反応
(3.5)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(3.5)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 おおきなかぶ

昔からあるベストセラー本。大きなカブを次々と人手(動物の手も)を借りて引き抜く物語。「うんとこしょ どっこいしょ」のリズム感が楽しくて、カブが抜けたときのなんともいえない達成感や、子ども達も自分の事のように大喜びします。絵本の魅力がつまった一冊です。

この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.5)
絵の可愛らしさ
(3.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 わにわにのおふろ

わにがお風呂へ入るなんて、いったいどうやって入るの?と子ども達は不思議で、なぜか引き込まれていきます。人間のようにお風呂へ入るわにわにも面白い。最後は、お風呂へ入れ良かったね!とほっこりとなります。お風呂嫌いなお子さんがいるなら、ぜひ読んでみて下さい。


この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.5)
絵の可愛らしさ
(4.5)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.5)

絵本 おばけのてんぷら

てんぷらを食べたいおばけが、自分がてんぷらになって食べられそうになるお話。うさこちゃんはのんびりマイペース。自分の眼鏡をてんぷらにして食べてしまって大笑い。「おばけが食べられちゃう!」というどきどき感や、「きゃあ」とびっくりする子ども達、おばけの印象もがらりと変わります。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(4.5)

絵本 もったいないばあさん

「食べ残し」「水の出しっぱなし」など兎に角もったいないことをしていると現れては脅しにかかるおばあさん。昔はよく言われたなということを、今の子供たちにも伝えていきたいですね。「もったいない」をばあさんを通して学ぶことができます。



この絵本の評価
子供の反応
(3.5)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 3びきやぎのがらがらどん

絵柄、内容で子供によっては、ちょっと怖がりますね。3匹の小・中・大のやぎのガラガラドンが、山へ草を食べにいきます。途中のつり橋のトロルの前を横切っていき、大きくなったガラガラドンがトロルを八つ裂きにする姿は、ハラハラ・ドキドキしますが、勇気がもらえます。最後はほっとする絵本です。


この絵本の評価
子供の反応
(3.5)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(3.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 でんしゃでいこうでんしゃでかえろう

電車好きな子どもには、大人気。ページをめくりトンネルを通るごとに、徐々に移り変わっていく景色がキレイで、旅をしているかのように思えます。「海の駅」「山の駅」がそれぞれ表紙と裏表紙になっていて、どっちから読んでもOK!なのが、また楽しいです。

この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(3.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 100万回生きたねこ

子供より大人に人気のある絵本です。小さなお子さまには難しく理解するまで時間がかかるかもしれませんが、とても心に響く内容になっています。
主人公のねこが100万回も死んで、100万回も生きたお話で、生きることや愛することなど、本当にいろいろなことを考えさせられる内容になっています。



この絵本の評価
子供の反応
(3.0)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(3.0)
絵の可愛らしさ
(3.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(3.5)

絵本 うんこ!

子ども達って、うんこやおしっこという言葉が大好きなですよね。「うんこ」と言う言葉にする楽しさや、「食」や「健康」を考える時の大事な存在である事など、子ども達の気持ちや心をオープンにさせてしまう喜びも大きいですね。パパやママ達の間でも人気の一冊です。表紙のインパクト、面白さや大胆さ、温かみを感じられるのが人気の秘密なんでしょうね。



この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

絵本 せんろはつづく

子どもたちは「せんろ」が大好き!どんどん繋がっていく楽しさで、子ども達はワクワク顔になっていきます。壮大な景色、テンポの良い展開に、リズミカルな言葉の繰り返し、読み進めながら、イメージはどこまでも広がっていきます。この絵本の主役は「せんろ」。子ども達も主人公になっていきます。
大人気「いっしょにあそぼうよ!」シリーズは、毎日読みたいお気に入りの絵本として、小さな子どもたちからも絶大な人気です。




この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(4.5)
面白さ
(4.5)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 なにをたべてきたの?

1978年の発売以降、35年以上も子どもたちに愛され続けてきたこちらの絵本。読んでみれば人気の理由はすぐにわかります。
話しかけられているような優しい言葉にのって、お話はリズミカルにすすんでいきます。ぱっと見ればシンプルな絵。でも、ページをめくっていくと、その鮮やかな色が大きく目に飛び込んできます。絵本を読みながら、子どもたちの頭の中にはたべもののこと、きれいな色のこと、ぶたくんたちの体の模様のこと、せっけんのこと(!?)など、みんな自由に思い描きはじめているはず。それはきっと、読むたびに違う内容になって。だから、何度でも読みたくなっちゃうのでしょうね。子どもたちへ対する優しい眼差しが感じられるのです。お気に入りの絵本のひとつに加えてみてくださいね。

この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(4.5)
絵本の価格
(4.5)
総合評価
(4.5)

絵本 ぐるんぱのようちえん

町にはたらきに出されたぐるんぱが、いろいろな職場で働くものの失敗ばかり。でも最後に作った幼稚園は大成功する心温まる絵本。あきらめないでチャレンジすれば、成功がまっていると、大人もほっこりしてしまいます。


この絵本の評価
子供の反応
(3.5)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(3.5)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 あっちゃんあがつくたべものあいうえお

言葉遊びの絵本です
「あっちゃん あがつく アイスクリーム」から始まり、濁音ふくめた69音を紹介してくれます。最初から最後まで一気に読むにはかなり時間がかかりますが、テンポがよくておもしろい絵本です。ひらがなへの興味へ繋がっていきます。

この絵本の評価
子供の反応
(3.5)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(3.5)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 ねずみくんのチョッキ

読みつがれているロングセラー。
シンプルなくりかえしの語り口で、こどもたちに人気の絵本です。
やさしさあふれるねずみくんは、こどもたちから大人まで愛されています。
動物たちの個性をいかして描かれたユーモアのある展開には、ちいさくても大切なものがあるんだよとメッセージが込められています。


この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.5)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 100かいだてのいえ

たて開きに開くこの絵本。
タイトル通り100階建ての家が登場します。
ページをめくると10階ずつ、その断面図が描かれています。
10階毎に違う生き物が住んでいて、そのお部屋の様子も生活も様々で
見ていて楽しく、100階まで飽きずに見れます
色々なお部屋があり、色々な生物の生活があり、それを覗ける事がすごく楽しいです。


この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.5)

絵本 てぶくろ

冬に必ず読む絵本です(ウクライナのお話です)
とても寒そうな雪の上に落ちたあたたかそうな手袋に、次々と動物たちがやってきます。
手袋にウサギやネズミやカエルが入るの?と大人は思うかもしれませんが、子どもたちの世界では入ってしまうのです。そんな子どもの時だからこそ楽しんで欲しいファンタジーです。動物たちがやって来るたびに「中にいるのは誰?」と確認し、手袋の中にいる動物は自分を名乗ります。そして「入れて?」「どうぞ」の繰り返しの構成で分かりやすい展開の絵本ですから、年齢が低いお子さんから充分に楽しむことができます。子どもたちは、自分もいつのまにか手袋の中の住人になった気分になるようで、そしてやって来る動物がどんどん大きくなっていくので一緒にハラハラ。動物が増えるにつれ、はしごが付いたり窓が出来たり改装(?)される手袋も楽しいですね。個性ある動物の表情が特にすばらしい傑作です。


この絵本の評価
子供の反応
(3.5)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(3.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 しろくまのパンツ

パンツをはいた絵本なんて初めて見る子ども達は、もうそこで興味いっぱい。面白いことは大好きですね。親子みんなで楽しめる絵本です。
みんなで笑いたい時に、おススメです。しろくまさんがパンツをなくして困っていると、心配してねずみさんがやってきました。どんなパンツをなくしたのか聞いてみると、「わすれちゃった…」としろくまさん。そこでねずみさんも一緒にしろくまさんのパンツを探します。いろんなパンツを発見しますが、しろくまさんがなくしたパンツとは一体どんなパンツだったのでしょうか?想像がふくらみ、子ども達は見入ってしまいます。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 ぐりとぐら

みんなの人気者ぐりとぐらは、この絵本で登場しました。シリーズ7冊はどれも子ども達から人気です。「ぼくらのなまえはぐりとぐら・・・このよでいちばんすきなのは おりょうりすること たべること」野ねずみのぐりとぐらは、森で大きな卵を見つけました。目玉焼きにしようか卵焼きにしようか考えたすえ、カステラを作ることにしました。でも、卵があまり大きくて運べません。そこでフライパンをもってきて、その場で料理することにしました。カステラを焼くにおいにつられて、森じゅうの動物たちも集まってきます…読んでいく内にどんどんと引き込まれていきます。「カステラ食べたい」と子ども達はワクワクです。



この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 ぞうくんのさんぽ

お散歩へ行く前に、よく読む絵本です。単純で短いストーリーながらも、面白さもあり、最後は笑ってほっこりする絵本です。ペープサートなどでお話すると、より楽しくなりますよ。


この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(4.0)

絵本 おでかけのまえに

ピクニックにでかける前の、小さい女の子のはずむ心を、ごくあたりまえの家庭を舞台に描きだした、ほのぼのとのびやかな絵本です。読み聞かせるとなんだか親の私の方が、心がほぐれていくような、緊張していたからだが緩んでいくような、そんな優しい気持ちになれる絵本にです。おかあさん、おとうさんのように、心に余裕をもってこどもに寄り添って行きたいなと感じられます。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(4.5)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(3.5)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 そらまめくんのベット

そらまめくんのべっとが気持ちよさそうで、子ども達は目が輝いて見ています。
実際にそら豆を見せると、本当にふわふわしていてびっくり。ストーリーでは、
自分のものを人に貸してあげることや困っている友達を助けてあげることの大切さが描かれたお話で人を思いやる気持ちの大切さに気付かせてくれる絵本です。

この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

絵本 からすのパンやさん

発売から40年以上。絵本作家かこさとしさんの代表作の一つと言えるこの絵本。
何と言っても圧巻は、見開きいっぱいに描かれたユニークなパンの数々。
子どもたちは、こうして並べたものを見るのが大好き「このパンがいい、」「これがすき」
と見ているだけで、楽しくなっていきます。一つ一つを見ればどれも工夫された形になっていて、眺めていて飽きることがありません。いつだって子どもたちの好奇心を刺激してくれるのです。
読んでいるパパやママも元気をもらえる、おすすめの一冊です。



この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 バムとケロのにちようび

個性豊かなキャラクター達や、テンポのいい展開、隅々まで細かく描かれた絵。カーテンやクッション、ラグなどのファブリックもひとつひとつ丁寧にデザインされていて、サブキャラクターの存在にも気づくはず。ソファの後ろの壁に飾られている額の絵も、実はちょっとずつ変化していています。ストーリーの本筋とは関係ない部分でも遊び心満載。開くたびに「あれ? こんなところに、こんな子が遊んでるよ!」と新たな発見があるからこそ、何度もじっくりと、隅々まで見てみたくなる子ども達です。他のシリーズ本も人気です。


この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

絵本 もうぬげない

もうぬげないは2歳くらいの男の子が主人公のお話で、洋服が脱げなくなった日常をおもしろく描いています。2歳くらいのお子さまでも一人で洋服を着たり、脱げたりしようとしているのであれば、きっと笑って読んでくれること間違いなしです。また大人まで笑顔になる絵本なので、子育て中の方はぜひお手にとってみてくださいね。



この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.5)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(4.5)

絵本 14ひきのあさごはん

細かい描写と大家族の微笑ましい様子が楽しい「14ひきシリーズ」は、子ども達のお気に入りシリーズ。中でもこの「あさごはん」が一番人気です。
家族みんなで協力しあいながら、朝ごはんの用意。14ひきで丸いテーブルを囲んで食べる朝ご飯はとってもおいしそうです。当たり前のことを当たり前に行う14匹の生活ぶりは、何気ない日々の営みの尊さを再度思い起こさせてくれます。朝の清々しい森の描写と合わせ、元気を分けてもらえそうです。一人一人の表情には充実感が満ちあふれ、いつの間にか読み手も温かな気持ちになります。こんな朝ごはんで一日が始まったら素敵ですね。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(3.5)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(3.5)
絵本の価格
(3.0)
総合評価
(3.5)

絵本 11ぴきのねこ

とらねこ大将と10ぴきののらねこたち。それがこの絵本の主人公です。
大人気絵本「11ぴきのねこ」シリーズの記念すべき第1作目がこの作品。彼らに名前はなく、ただの「のらねこ」たち。だけどなんて魅力的な主人公たちなのでしょう。「お腹いっぱい食べたい」その思い一つでどんな困難にもニャゴニャゴ―っと一致団結。体を張り、知恵を絞り,思いもよらない作戦を考え実行していくのです。諦めきれないのが彼らの持ち味。あっと驚く最後の展開は、この絵本最大のお楽しみ。読んだ途端に彼らのことを大好きになってしまう子ども達なのでした。



この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(4.5)
面白さ
(4.5)
絵の可愛らしさ
(4.5)
絵本の価格
(4.5)
総合評価
(4.5)

絵本 はじめてのおつかい

タイトルのとおり、初めて行くおつかいのドキドキを描いた名作です。40年近く愛され続けています。小さな女の子の心の動きを鮮やかに描いた絵本で、勇気、緊張、頑張る姿など、感動してしまう一冊です。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(3.0)
絵の可愛らしさ
(3.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 パンツのはきかた

お子さまが2歳くらいになると「トイレトレーニング」を始める方が多いですよね?「パンツの はきかた」はトイレトレーニングの際にとっても役に立つ絵本です。絵本のブタさんを思い出しながらパンツをはく練習をしたり、トイレやお風呂上がりも一緒に歌を歌ったりして楽しくトレーニングができます。お子さまがなかなかパンツをはいてくれないときは、この絵本を読んでみて下さい。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(3.0)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 せんたくかあちゃん

たらいと洗濯板を使って、洗濯をしてたなんて今の子ども達は想像すら出来ないので、その当時の洗濯の光景を、この絵本は楽しく描いています。イラストも懐かしい感じがして、そしてリアルさもあって、見ていても飽きませんね。かみなりさんが大勢、せんたくかあちゃんの所へやって来た時は、子ども達もビックリで、さらに見入っています。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(4.5)
面白さ
(4.5)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 わんぱくだんのきょうりゅうたんけん

男の子達が大好きな絵本です。
砂場で海賊ごっこをしていたわんぱくだんが、本当の海賊になって海を渡り、怪獣と戦ったり宝島で宝探しをしたり…大冒険!ワクワクするストーリーです。
海賊になりきって、ごっこあそびにも繋がっていきますよ。

この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(3.5)
絵の可愛らしさ
(3.5)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 めっきら もっきら どおん どん

4.5歳児向け・お泊り保育などの設定によく使う絵本の1つです。
妖怪?おばけ?いったい誰なの?と想像が広がります。
現実か、夢なのか?不思議な怖いようなわくわくするような、そんな子ども達の姿が見え隠れします。
躍動することばと絵が子どもたちを存分に楽しませてくれるファンタジーの絵本。
子どもは、絵本の中に入り込み、大人になってからでは絶対にできない、不思議な経験を絵本の中に入ってすることができます。
不思議な世界に連れて行ってくれて、ちょっと不安になって、そしてほっとして、でも最後に少し不思議な気持ちを残して終わります。この不思議な感覚が何ともいえないです。


この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(4.5)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 ビロードのうさぎ

ビロードのうさぎが、本物のうさぎになるまでが描かれた絵本。多くの方がこの絵本のことを知っていると思います。 おもちゃの価値を改めて考えさせられます。
また、この絵本を読むと、心からおもちゃを大切にしたくなります。
大人が子どもに読んであげたい、名作です。


この絵本の評価
子供の反応
(3.5)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(3.5)
絵の可愛らしさ
(3.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 しょうぼうじどうしゃじぷた

男の子は乗り物が大好きです。特に働く乗り物系には目を輝かせます。
そんな男の子にピッタリの絵本です。
古いジープを改造して作られた消防自動車のじぷたは小さいために、みんなから相手にされません。ところがそんなある日、じぷたが大活躍する日がやってきます。人の強みや特徴、個性は活躍する場面がかならずあることを思い起こさせてくれます。いろいろな乗り物を紹介してくれるのも楽しい絵本です。


この絵本の評価
子供の反応
(3.0)
読みやすさ
(3.5)
面白さ
(3.0)
絵の可愛らしさ
(3.0)
絵本の価格
(3.0)
総合評価
(3.5)

絵本 おしいれのぼうけん

3~5歳むけの絵本です
子どもたちの圧倒的な支持を誇り、読み継がれる本です。ねずみばあさんの存在感と子どもたちの躍動感があふれ、ひきこまれていきます。ねずみばあさんがすぐそばにいるような、子どもたちの汗がにじんだ手のひらの熱さが伝わってくるような読み物絵本です。
さくらほいくえんには、こわいものがふたつあります。ひとつはおしいれで、もうひとつはねずみばあさんです。――お昼寝前にミニカーのとりっこでけんかをしたさとしとあきらは、先生にしかられておしいれに入れられてしまいます。そこでふたりが出会ったのは、おそろしいねずみばあさんで、おしいれの冒険が始まります。現代の子どもたちの姿を生き生きととらえた、ロングセラー絵本です。


この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(3.5)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(4.5)

絵本 おちんちんのえほん

4.5歳になると、性教育の取り組みとして、読み聞かせやすい性教育の本です。
他の性教育の絵本も何冊か見たのですが、この絵本が一番読みやすかったです。

プライベートゾーンの話や、変な大人についていったらダメということ、精子と卵子という命の元がくっつくと赤ちゃんになるということ(赤ちゃんがママの足の間にある赤ちゃんの出てくる道を通って生まれてくる)も書かれています。
裸のパパとママは出てくるけど性交渉しているシーンは描かれてなく、それも読みやすい理由の一つですね。命の誕生をたくさんの人が喜んだこと、誰もが大切な命として生まれてきたこと、君は本当に大切なこと、生まれてきてくれてありがとうと思っていることなど書かれていて、暖かい感じで締めくくられています。
小学校低学年迄の子どもには十分な情報が書かれています。


この絵本の評価
子供の反応
(3.0)
読みやすさ
(3.5)
面白さ
(3.0)
絵の可愛らしさ
(3.0)
絵本の価格
(3.5)
総合評価
(3.5)

絵本 おべんとう

お弁当が大好きは子ども達は、自分のお弁当箱に何を入れてもらおうかと、真剣に考えてしまう絵本です。炊きたてのごはん、あつあつミートボールにふんわり卵焼き。おかずが次々詰められて「たべたい」という声が聞こえてきます。遠足前に読むと、とっても楽しくなす絵本です。


この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.5)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(4.5)

絵本 がたごと がたごと

昔の雰囲気の絵本ですが、何度読んでも面白い絵本。子どもたちからも、もう一回読んでと言われる一冊です。汽車に乗って、がたごとがたごと。街を抜け、山を超えていくうちに、なんだかとんでもない異界に誘い込まれていく。乗っている人もみんなお化けに変身してる。読み進むうちに、次はどうなるのかな?っていうワクワク感が面白い絵本です。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(4.5)
面白さ
(4.5)
絵の可愛らしさ
(3.5)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 サンドイッチ サンドイッチ

サンドイッチが食べたくなる絵本です。この絵本も人気です。パンにバターを塗って、しゃきしゃきレタスに真っ赤なトマト、大きなチーズをのせたら、次は何をのせようかな? 思わず触りたくなるようなふわふわのパンや、みずみずしく色鮮やかな野菜など、おいしそうな食べ物が次々と登場します。おいしくて楽しい絵本です。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 エルマーのぼうけん

5歳児での、取り組みで使われたり、お泊り保育設定でも用いると楽しい物語。子供の冒険心をくすぐる、ワクワクドキドキが連続の幼年童話。心やさしい少年が空飛ぶりゅうの子を助け出す愛と勇気の物語。一度読み始めたらやめられない抜群のおもしろさ!描かれたどうぶつ島、みかん島の地図が、「エルマーといっしょに出かけよう!」と言わんばかりに、子ども達は物語の世界に入っていきます。いっしょにどうぶつ島を訪ねているかのような疑似体験が味わえます。エルマーはりゅうの子をどのように助け出すのか……、いっしょに冒険に出発できるお話です。1948年から1951年に出版した3部作は、世代を超えて世界の子どもたちから愛読されています。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(3.5)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(3.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(4.0)

絵本 きれいなはこ

きれいな箱が落ちていて、取り合いが始まります。短いストーリで、単純ながらも、見入っています。4冊あってもぜんぜん多いと感じません。むしろ、「いやだいやだのセット」と一緒に買いましょうとさえ言いたい。手に取りやすく読みやすく、何度読んでも楽しめます。


この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 そらいろのたね

なんどでも繰り返し読みたくなっちゃうこの絵本。絵本のどこかに、お馴染みのキャラクターがこっそり登場するのも、子ども達は楽しみのひとつ。不思議なお話しで、最後「ん?なんで?」というようなかんじですが、それぞれ捉え方が違うのが面白いです。


この絵本の評価
子供の反応
(3.5)
読みやすさ
(3.0)
面白さ
(3.5)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(3.5)

絵本 どろんこハリー

なんといっても挿絵がかわいいハリーシリーズ。3色刷りで決して色彩豊かではないのですが、登場人物や動物の活き活きとした表情に引き込まれます。おふろが嫌いで家を飛び出し泥だらけになって遊ぶハリーに、子ども達は自分を重ねて楽しいと思います。お話はシンプルでわかりやすくテンポがよいので、小さなうちから親子で楽しめる1冊だと思います。家で犬を飼っている子ども達が多い中、犬を身近に感じとるこの絵本はとても楽しいと思います。ハリーが冒険しながらどろんこになって行く様子を、目を輝かせて聞き、最後に自分の家で寝ている所では「よかったね~」と子ども達は喜びます。男には、この本のようなドキドキ、ワクワクするような絵本が特におすすめです


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(3.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 しろいうさぎと くろいうさぎ

色も白と黒が基調で派手さはありません。
何度読み返してみても、大人な絵本だなぁと思います。子ども達には、少し難しいかもしれませんが、読むと聞いてます。子供の頃にはわからなくても、後々に「あぁ・・・」と思わされる1冊だと思います。家に長く置いておきたい絵本ですね。


この絵本の評価
子供の反応
(3.0)
読みやすさ
(3.0)
面白さ
(3.0)
絵の可愛らしさ
(3.0)
絵本の価格
(3.0)
総合評価
(3.0)

絵本 みんなうんち

子どもにとって興味のある「うんち」、ユーモアいっぱいの絵本です。「いきものはたべるから、みんなうんちをするんだね」というお話。シンプルな言葉、味のある絵がおもしろくて、読むと夢中になります。色んな動物のうんち。いろんなかたち、におい、いろ、最後は、「食べるからうんちをする」と学べます。自分のうんち、色々な動物のうんちがでてくるところは興味が持てます。終わると何度も読んでとなる1冊です。


この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.5)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 おやすみなさい コッコさん

寝る前に読む、おすすめ絵本です。これを読むと子ども達は静かになり、だんだんこっこさんに引き込まれていきます。最後はシーンとなるのが不思議な絵本。寝たこっこさんを起こしたらダメって思っているんでしょうね。この絵本には、不思議な魔力があります。眠くなっていきます。


この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(4.5)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(3.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(3.5)

絵本 かばくん

50年以上も前に発売されたこの絵本が、今も子ども達の心を掴んで離さないのは、やっぱり「かばくん」が魅力的だからですね。色んな姿のかばくんの姿が知れたり、かばの子とかめくんとの組み合わせも、子ども達は大好きです。そして、この絵本のもう一つの大きな特徴が、実は、視点が動物園に住むかばくん側からになっているところ。子ども達からすれば、この発想が面白いんだと思います。絵本を読んでいる子どもたちも「のんびり ゆったり」かばくんの時間を過ごしている感じなんでしょうね。心が休まったような気持ちになるのは、こんな理由があるからでしょうね。


この絵本の評価
子供の反応
(3.5)
読みやすさ
(3.5)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 ころころころ

さまざまな小さな色玉たちが、ころころころところがっていきます。子どもたちが自分の体でその動きを感じ、鮮やかな色の世界を楽しむ画期的幼児絵本です。単純に文章のおもしろさ、色彩のきれいさを楽しめるのはもちろんですが、テンポのいい文章と、いろんな色のきれいないろだまに釘付けです。色や丸、「さかみち」「かいだんみち」などの地形なども覚えられるので、いろんな楽しみ方ができる絵本です。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(3.5)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 おにぎり

はじめて、おにぎり作りに挑戦する子に、もってこいの絵本です。
おにぎりの作り方が、シンプルに、言葉もリズミカルに描かれていて、楽しめます。
あつあつごはんをぎゅっ、ぎゅっ。手の中でくるっ、くるっと回してのりを巻けば、三角おにぎりのできあがり。できあがったおにぎりがおいしそうで食べたくなります。


この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(3.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(3.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(3.5)

絵本 あっぷっぷ

「にらめっこしましょ あっぷっぷ!!」ママも赤ちゃんも思わずぷははは。シンプルで洗練された構成と絵で楽しめる赤ちゃん絵本です。にらめっこのルールは理解できなくても、大笑いします。あっぷっぷ!と動物たちが面白い顔をするページよりも、その次のページで『ぷははは~笑っちゃった~!』と、くだけた顔をするところのほうが、子ども達は毎回大笑いしています。小さい子でもリズムに乗りやすいのかもしれません。長く楽しめる、そして親子のコミュニケーションがとれる素敵な絵本です。


この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

絵本 おにのぱんつ

おにのパンツの歌に合わせて、絵本を読むと、どんどん楽しくなっていく絵本。おには怖いけれど、子ども達はこの絵本が大好きです。子ども達が歌って踊る姿はとっても可愛いです。節分時には、必ず読む絵本です。


この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(4.5)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(4.5)
総合評価
(4.5)

絵本 ないたあかおに

1965年初版の池田龍雄さんが書かれたこの絵本を昔から読ませてもらっています。節分時に、人形劇でこのお話をします。村人となかよくしたい赤おにと、そのねがいをかなえてやろうと、自分が悪者になる青おに。おに同士の友情を感動的に描きます。子ども達は、怖いおにもいれば、優しいおにもいて、色んなおにがいてるということを知って欲しいのと、赤おに、青おにの両者の気持ちがあることに、気付いてほしい思いで読んでいますが、子ども達がそれぞれにどう感じるかが大事だなと思います。少し難しいと思いますが、心に残る一冊だと思います。


この絵本の評価
子供の反応
(3.0)
読みやすさ
(3.0)
面白さ
(3.0)
絵の可愛らしさ
(2.5)
絵本の価格
(3.5)
総合評価
(3.5)

絵本 おばけなんてないさ

おばけが大好きな子ども達。歌に合わせてリズムよく読むと、どんどん引き込まれていきます。何度も読んで!となる一冊です。かわいいおばけなので、怖さもなくなります。

この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(4.5)
総合評価
(4.5)

絵本 あーんあん

1歳児の子ども達に読むと、真剣に見る姿があります。
絵本のストーリーは、保育園に預けられた男の子が悲しくなって泣いていると魚になってしまう、という不思議なおはなし。悲しくて泣いても、ラストではちゃんとお母さんが迎えにきてくれます。よかったね、と笑顔になれる内容です。子ども達もほっとした表情になります。短いストーリで、単純ながらも、見入っています。手に取りやすく読みやすく、何度読んでも楽しめます。

この絵本の評価
子供の反応
(3.5)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 おばけパーティー

フランス生まれのお洒落でゆかいな絵本『おばけパーティー』は、刊行から20年。世界17カ国で愛されるロングセラー絵本となりました。
おばけと言っても、ちっともこわくありません。おともだちになりたいくらい。日常の様子は驚かされることも多くて、それが子どもたちにとっては面白いようです。おばけのパーティーってどんな様子なのでしょう。おばけの様子を見ているだけで、思った以上に楽しい絵本です。色が変わる面白さも、子どもたちは興味深々です。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(3.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 おばけかぞく

おばけの生活は、昼と夜が逆転。おばけの生活に興味いっぱいの子ども達です。おばけたち一家は何やってる時間かなぁと想像が膨らんでいきます。コワイなんて言葉はひとつも浮かんできません。このおばけたちは何だか、とてもほのぼのして可愛いらしくて、緊張感なんてなくて、力が抜けてきます。もっとおばけが好きになってしまう一冊です。


この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(4.5)
面白さ
(4.5)
絵の可愛らしさ
(4.5)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.5)

絵本 おしくらまんじゅう

題名の通り、おまんじゅうがおしくらまんじゅうをします。
主人公は、紅白まんじゅう!こんにゃく、なっとう、ゆうれいまで登場!!おされたみんなはどうなる~?!登場する愉快なキャラクターや、予想外の展開にみんなで大笑い!子供たちは、この絵本のリズム・テンポが大好きです。友達と一緒におしくらまんじゅうを楽しむことのできる絵本です。


この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.5)

絵本 おにぎりくんがね

おにぎりくんが自分でおにぎりを作ってしまうなんて、なんて面白い発想!今まで誰かがギュッギュッとおにぎりを作る絵本は読んだことがありますが、おにぎりくんが自分でギュッギュッするんです。とっても可愛い、そして面白いのは口の中に具を入れるとこです。子ども達は、思わず笑いだし、そしてほっこり出来る、大好きな1冊です。

この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(3.5)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 おにぎりくん

おにぎりくんが、どんなふうにできているのかが、しっかり描いてあるのが面白いです。子どもたちには分かりやすいです。お米から出発しておにぎりができあがる。あとはどんなおにぎりにしようかと真剣に考えてしまいますね。特になんということもないストーリーだけどにぎって、にぎって…じゃん! の繰り返しが、子ども達は大好きです。

この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 ねずみくんとおばけ

ロングセラーシリーズ33巻目にして、初めての「ちょっとだけ」こわ~いお話。おばけが大好きな子ども達にとっては。ワクワク・ドキドキの絵本です。「おばけだぞ~」白いシーツをかぶって、おばけになったねずみくん。みんなをおどかそうと出かけます。すると、「おばけだぞ~」「おばけだぞ~」どうぶつたちも次々おばけになってやってきます。これは誰かな?とあてっこも楽しいです。最後は「ねずみちゃん?」「おばけ?」と子ども達は楽しんでいます。そしてシーツをタ被ってごっこあそびへと広がっていきます。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんの

「ねえ、おじいちゃん。おじいちゃんのおじいちゃんはどんなひと?」時がどんどんさかのぼる。おじいちゃんからおじいちゃんへ、そのまたおじいちゃんへ……。子ども達は、理解しているのかな?と読み進めていくとそしてたどり着いたところは、原始時代!どこまでさかのぼってしまうの?と大胆な構図とユーモラスな仕掛けで、読むものを引きつけ、笑いを誘います。そんな絵本が大好きな子ども達です。長谷川義史の初めての絵本です。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(3.5)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 だじゃれ日本一周

47都道府県をだじゃれで笑い飛ばそうという試み。「いいかげんに滋賀県」のようなズッコケ笑いが、最高ですね。この一冊で、ダジャレと都道府県、両方を楽しめます。じっくり絵を見ていくと、各都道府県の特産品もしっかり描かれていて、なるほど!です。もっと目を凝らして見ていくと、楽しい発見が出てきそうで、わくわくします。さすが、長谷川さんの作品です。見ているだけでも、楽しくなりますね。


この絵本の評価
子供の反応
(3.0)
読みやすさ
(3.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 大阪うまいもんのうた

この絵本は、子ども達も保育士も大好きな絵本で、元気が出る、笑いいっぱいのお話です。絵本も見ているだけで、元気がでてきます。「大阪にはうまいもんがいっぱいあるんやで~ たこやき ぎょうざ お好み焼き ぶたまんっ!」『ゆかいな牧場』のメロディーに乗せて歌い、手遊びもできる,大阪では話題のご当地ソングです。人気絵本作家、長谷川義史さんが、大阪への愛をたっぷりこめて描いた、とにかく「おもろい」絵本です。何年たっても、人気は衰えない絵本です。


この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

絵本 東北んめえもんのうた

、岩手、宮城、福島の東北3県の「んめえもん」が次々に出てきます。東北ご当地ソング第2弾。牛タンに笹かまにずんだもち・・・読んでいくと、食べたくなってきます。色んな県が知れて面白いです。東北3県の有名人もお茶目に出演。更に細かく見れば見るほど発見できるキャラクターや洒落の数々は長谷川作品の醍醐味。元気と笑顔をくれる一冊です。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.5)

絵本 名古屋うみゃあもんのうた

♪名古屋にゃ うみゃあもんが どえりゃあ あるんだわ♪名古屋のうみゃあもんが次々と登場する、歌遊び絵本。大阪、東北に続くご当地うまいもんソング第3弾。名古屋も面白い。うみゃあもんと言えば、手羽先にえびフりゃー、あんかけスパゲッティ。もっともっとよく見れば、名古屋の人ならピンとくる隠れキャラクターが、たくさんたくさん詰まってます。長谷川作品の醍醐味。元気と笑顔をくれる一冊です。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.5)

絵本 いいから いいから

「いいから いいから」子どもたちも、リピートして楽しみます。
なんて気持ちのよいことば。こころがほぐれていき、肩の力が拭けていきます。
何があっても「いいから いいから」というおじいちゃんのおおらかさ、言葉に日ごろの忙しさも忘れさせてくれるような絵本です。これが長谷川義史の絵本の醍醐味です。シリーズ5冊は、どれも笑顔が生まれます。


この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.5)

絵本 まわるおすし

子ども達は、このまわるおすしの絵本が大好き。実際に家族で行ったことがあるので、親近感が持てるのも人気の1つですね。「これすき」「これ食べた事ある」「ぼくは卵が好き」と色んなおしゃべりが飛び出しとまりません。一家団結の空気が、おとうさんの給料日っていう設定が、昭和の雰囲気を思い出させてくれますね。おすしの青いお皿から黒いお皿、そしてクライマックスの皿の色自由タイムに爆笑です。おかあさんが財布から取り出す“あかだしサービス券”で息子が、「やるぅ~」ってカラカラ大笑い。リアル感あり、笑いがいっぱいの絵本。長谷川喜史の絵本の醍醐味です。


この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 ごくらくももんちゃん

ももんちゃんシリーズは、どれも子ども達は大好きです。可愛いだけで終わらない、ももんちゃんが風呂に入っていると、金魚・さぼてん・おばけが風呂に入ってくる。普通に考えたら、ありえない話だけど、ほのぼのとした世界観が子ども達を引きつけてくれます。「しつれいしますよー」「ごくらくごくらくー」と真似っ子!お風呂へ入りたくなる気分になる絵本です。


この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 おおきくなるっていうことは

4・5歳児の大きいクラスの子ども達ほど、真剣に見ています。子ども達に、言葉で説明するのは難しいけれど、絵本だとすんなり入ることって多いですが、この本がまさに伝えたいことが書かれています。リズムのある繰り返しの文章と、分かりやすく可愛いイラストで、おおきくなるってこういうことなんだと、子どもにもよ分かりやすい内容です。服が小さくなったり、自分より小さな人にやさしくなれたり─大きくなった喜びがいっぱい。ほっこり、優しい気持ちになれる、大きくなるって素敵なことなんだよって、教えてくれる絵本です。


この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(3.5)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(4.5)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 しりとりしましょ たべものあいうえお

全部食べ物でしりとりをしているので、食べ物がたくさん出てきます。読んでいて楽しく、お腹が減る絵本です。子どもは「これ好き」「これ知ってる」と大好きな食べ物もあれば、季節の行事でいただくもの、地方の特産物まで、いろんな食べ物と出会えます。ただ読むだけでなく、食べ物からいろんな会話ができたりもします。ちょっと長いような感じる時もありますが、絵だけを見ていても、楽しめる絵本です。


この絵本の評価
子供の反応
(3.5)
読みやすさ
(3.5)
面白さ
(3.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(3.5)
総合評価
(3.5)

絵本 なーんだ なんだ

クイズ形式の絵本で、これは贅沢にも1冊を通してパンダさんが出題されます。
リズミカルで読んでいて楽しいです。子どもも大人もにっこりになれる絵本です。
妙な愛きょうがあってパンダがめちゃくちゃかわいいのも人気の一つです。

この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(3.5)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 おべんとうバス

乗り物が好きな子は、からっぽのバスの姿でだけでも、興味がでます。
どこに行くのかな、誰と行くのかな、次のピクニックはどこにいこうか、お弁当は何を持っていこうか。そんな話をしながら読み進めると、とっても楽しくなりますよね。お弁当箱をバスに見立て、目的地までの道のりもこんなにウキウキです。最後は「いただきます!」一緒にお弁当の絵をつまんで、おいしく食べる子ども達です。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(4.5)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

絵本 やさいさん

ツペラツペラの絵本は、子ども達も大好きな折りたたみ式のしかけ絵本です。やさいさんやさいさんだあれ?と子供は一緒になって「すっぽーん!」と言っていて、すごく楽しんでいます。野菜の顔は一つ一つ表情が違っていて、生き生きしたイラストで、、どんな野菜が出てくるのか想像するのも楽しいです。いつも食べている野菜のことや、スーパーの野菜売り場ではなかなか見られない、野菜の葉っぱや根っこについても知ることができるので、食育にも繋がります。お勧めの一冊です。


この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(4.5)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(3.0)
総合評価
(4.0)

絵本 くだものさん

1歳後半くらいから楽しめる折りたたみ式のしかけ絵本です。ツペラツペラさんのやさいさんに続き、次はだくだものさん。やさいさんは土の中に対して、こちらは木の上から「ぽろりん」と果物が落ちてきます。食べたことのないものや、子どもたちの知らない果物も、この絵本を通して面白く伝えられ知ることが出来ます!いろんな果物がかくれていて、たまに果物でないのが隠れているのがこれまた面白いです。やさいさんに続き、これも人気の絵本です。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(3.5)
面白さ
(3.5)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(3.0)
総合評価
(3.5)

絵本 ぼうしとったら

ツペラツペラの絵本は、折りたたみ式のしかけ絵本です。やさいさん、くだものさんに続いての人気の絵本です。帽子をとったらでは、帽子の中からカエルが出てきたり、お料理が出てきたり、頭が噴火していたり・・・大人でも想像できないものが出てきて、次は何?と読んでいてもワクワクします。子供はもちろん大爆笑。何度も読んでとせがんできます。

この絵本の評価
子供の反応
(4.5)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(3.0)
総合評価
(4.0)

絵本 おしりたんてい

どんな時も冷静沈着、趣味はティータイムと読書というIQ1104の頭脳を誇る名探偵、おしりたんてい。彼のもとには、トラブルに巻き込まれた人たちからの依頼や怪盗からの挑戦状が次々に舞い込みます。数々の難事件を「しつれい こかせていただきます」という決めゼリフとともに必殺技を繰り出し、助手のブラウンとともに「ププッ」と解決していく、正真正銘!の探偵物語です。絵がユニークで、なんといっても顔がおしりなんです。これが子ども達には大うけなんです。内容は難しくても、絵をみているだけでもほっこりします。

この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(3.5)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(3.0)
総合評価
(3.5)

絵本 わんわん わんわん

いぬ、ねこ、ぶた、うし、にわとり、やぎなどの身近な動物たちがそれぞれの鳴き声とともに順番に登場。動物たちの鳴き声だけで展開する珍しい絵本です。登場する動物たちの表情と動きは個性的です。子どもといっしょに読んでみましょう。本当のおもしろさを子どもが教えてくれる絵本です。


この絵本の評価
子供の反応
(4.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(3.5)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(3.0)
総合評価
(3.5)

絵本 おやさい とんとん

小さなお子さんが一人で開いてもケガをしない、厚めで角のない優しい作りの絵本です。
子どもたち向けの「食」の絵本なので、とってもかわいい野菜たちが登場します。リズミカルに話が展開していくので楽しく読めます。野菜を切る場面、優しい雰囲気の描き方も人気の一つです。最後には子ども達が大好きなカレーが出来上がりとても嬉しそうです。


この絵本の評価
子供の反応
(3.5)
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(3.0)
絵の可愛らしさ
(4.0)
絵本の価格
(2.0)
総合評価
(3.0)

絵本 ノンタン

ノンタンがイイイのいーして、はみがき。うさぎさん、たぬきさん、ぶたさん、くまさん、みんないっしょに歯をみがいてぴっかぴか!はみがきはあんまり好きじゃない子もこの絵本を口ずさんでなら、歯磨きをする姿へと変わっていきました。リズム感のあるフレーズなので、すぐに丸暗記できちゃいます。はみがきを楽しい時間にさせてくれた一冊です。
ノンタンシリーズは、子ども達には大人気です。他のシリーズもおすすめです。


この絵本の評価
子供の反応
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
絵の可愛らしさ
(5.0)
絵本の価格
(3.0)
総合評価
(4.0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です